クローズアップ

2018春季生活闘争・集中回答日記者会見(動画)

2018年03月14日

2018年3月14日、2018年春季生活闘争の最大のヤマ場である集中回答日に、金属労協は、集計対象組合を中心に一斉に回答を引き出した。当日は、昨年と同様に春季生活闘争が注目されているせいか、朝からテレビ局、新聞社、経済専門誌、海外メディアなど多数のマスコミ関係者が日本橋の金属労協事務所に集まり、午前10時頃から次々とホワイトボードに記入される回答に注目した。午前11時から金属労協は回答を受けて第5回戦術委員会を開催、終了後、12時30分から記者会見を行なった。記者会見では、髙倉議長が回答に対する総括を述べた後、自動車総連、電機連合、JAM、基幹労連、全電線の構成5産別委員長・会長が各産別の受け止めをそれぞれ述べた。その後、浅沼事務局長が回答状況の説明を行い、記者との質疑応答を行った。ここでは、髙倉金属労協議長の所感及び5産別の代表による各産別の受け止めコメントの動画を掲載する。