政策・制度課題/産業政策

地方政策

金属労協は、2年間の「金属労協政策・制度課題」の策定とあわせて、毎年4月に「地方における政策・制度課題」を策定し、地方ブロックと地方連合金属部門連絡会とが連携し、地方連合の政策において、「民間・ものづくり・金属」の立場からの主張が反映されるよう、取り組みを進めています。

地方における政策・制度課題2021
地方における政策・制度課題2020
地方における政策・制度課題2019
地方における政策・制度課題2018
地方における政策・制度課題2017
地方における政策・制度課題2016
地方における政策・制度課題2015
地方における政策・制度課題2014
地方における政策・制度課題2013
地方における政策・制度課題2012
地方における政策・制度課題2011
地方における政策・制度課題2010

最近の地方政策

金属労協「地方における政策・制度課題2021」(2021年3月策定)

PDF版
地方における政策・制度課題2021

Word版
地方における政策・制度課題2021-はじめに~取り組みの進め方
1.コロナ禍における対応の強化
2.ものづくりを中心とした地域経済発展の基盤づくり
3.地域におけるものづくり産業の具体的強化策
4.工業高校教育の強化
5.特定最低賃金の取り組み強化
6.仕事と家庭の両立支援
7.外国人技能実習制度、特定技能の適正な運用

その他の地方政策

一覧